北海道の七五三はいつなの?

可愛らしい着物を着て手には千歳飴を携えちょこちょこ歩く姿はなんとも言えません

 

こんにちはもふママです。

 

我が家の娘のめぇちゃんも今年満3歳で七五三のお参りに行きました。

北海道の七五三の日は本州と異なるのをご存知ですか?

今回は北海道の七五三についてです! 

 

 

 

七五三の由来

 

現代に医療が発達していない時代は飢饉や流行り病のため乳幼児の生存率は高いものではありませんでした。

七五三は無事に成長した節目に祝う江戸時代に始まった神事で江戸幕府5代将軍の徳川綱吉が長男の徳松の健康を祝ったのが11月15日と言われています。

 

旧暦の11月は収穫を終えて神に感謝する月でもありまたその月の15日の満月に

氏神への収穫と子供の成長も兼ねて祈祷を捧げる意味合いも含まれています。

 

 

 

北海道の七五三

 

関東圏では基本的には11月15日に七五三をしますが、北海道の11月は冬に近い気温になるため子供の体調を崩さないように1ヶ月早めて10月15日に行う場合が多いそうです。

また現代は共働きが多くその前後にずれる事も多いそうです。

 

 

札幌に在住する我が家も10月21日に近くの神社にてすませました。  

 

 

 

 

それぞれの年にどんな意味があるのか

 

数え年の3歳では『髪置の義』と呼ばれ今まで剃っていた髪を伸ばしはじめる儀

数え年の5歳では『袴着の儀』と呼ばれ男児が男の衣服である袴を着る儀

数え年の7歳では『帯解きの儀』と呼ばれ女児が幅の広い大人と同じ帯を結ぶ儀

 

 

3歳=男の子と女の子

5歳=男の子

7歳=女の子

 

 

基本的には数え年ですが今は満年齢でも構わないそうです。

何よりも子供の成長を祝う気持ちが大事!

 

 

2歳で………やるのはハードル高いですよね

我が家も満3歳でやりましたよ!

 

髪飾りを手作りしたよの記事もどうぞ!

 

 

髪も伸びて結いやすく自分で歩いてくれました。

写真だって自分でポーズ決めてくれます!